読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と憂鬱

度重なる身バレによる三度目のブログ

この夏何匹蚊に刺されたかなんて聞いてどうするの?

お疲れさまです、高橋ヨシオです。


昨日一昨日と、一泊二日で群馬にキャンプに行って参りました。


キャンプと言っても、
オートキャンプではなく
コテージ?というにはショボい
なんか変な小屋に泊まるヤツでしたが
とても楽しかったです。




行く途中で道に迷ったり
レンタカーがボロすぎて坂を登れず
四人で車を押すはめになったり、

様々なアクシデントがありましたが
なんかこの手のアクシデントがあった方が
青春ぽくて良いですよね。







普段自宅からほとんど外出せずに
生活をしている僕なのですが

僕はキャンプ等アウトドアな遊びは大好きなのです。


ただ残念ながらアウトドアな遊びをしてる奴等は
大体嫌いなタイプの連中か、着いていけないようなガチ勢ばかりだし

そもそもアウトドアな遊びしようよ、なんて話を持ちかけられるほど
親しい友達がいないから
結果的に引きこもってるわけですが。



でも今回のキャンプで
久しぶりに
外に出る楽しさや、自然の気持ちよさ等
色々なことを思い出せたような気がします。




そして今
「久しぶりに思い出せたモノ」
の例として、
現在進行形で思い出している物があり、
それは
「蚊に刺されたら痒い」
ということです。







先にも述べた通り、
僕は普段引き込もって生活をしているため、
蚊に刺される機会が全くありません。


しかし、昨日一昨日のキャンプでは
お外でバーベキューとかしたため
久しぶりに蚊に何ヵ所も刺されてしまいました。




そして今、その蚊に刺された部分が
痒くて痒くてしょうがない状態なのです。




いやー、久しく蚊に刺されなくて
すっかり忘れてたけど、
そうだった、そうだった。


蚊に刺されると痒いんだった。


もう
「蚊に刺されたと痒い」ことを忘れるくらい
毎日引き込もって生活してたのか…


こういう形で突きつけられると
恐ろしい現実ですね。



自分が人間として終わってることくらい分かってたはずなんですが
蚊に刺されると痒い、ってことを忘れてた
って衝撃は結構デカイです。

自分が思ってる以上に人間として終わってました。









…でもちょっと待てよ。
去年の自分も毎日引きこもってたはずなのに
「蚊に刺されると痒い」ってことを
思い出した記憶がないぞ。


ってことは
去年はそれを思い出すことさえないくらいに
毎日引きこもってたのか…。



そう考えると、去年よりは
少し人間らしい生活に戻れたってことでしょうか。



良かった良かった。
つまりは僕は去年の僕よりは少しは成長できているのですね。


「成長していく痛み」というフレーズはたまに耳にしますが
これは
「成長していく痒み」と言ったところでしょうか?



















今日の一曲
22才の夏休み/神聖かまってちゃん


22才の夏休み PV 神聖かまってちゃん - YouTube



足の痒みの名前がなんであれど
21才の僕も21才の君より
21才してない夏を行っております。
21才したかったなぁ。