愛と憂鬱

度重なる身バレによる三度目のブログ

神様いるならおねがいだから 大事な日の雨マークを晴れマークに変えて

お疲れ様です。高橋ヨシオです。

 

オードリーの若林さんは雨男だという話を聞いて思い出したんですが

 

 

ネガティブな人は雨男に、

ポジティブな人は晴れ男

になる事が多いみたいですね。

 

 

というのも、本来雨男も晴れ男も

大事な予定の日に雨が降る確率は基本的に同じなんですが

ネガティブな人は、大事な予定の日に雨が降ったことが自分の中で印象に残ってしまい

自分を雨男だと考えるようになる。

 

 

逆に晴れ男は大事な予定の日に晴れたことが自分の印象に残り

自分を晴れ男だと思うようになる。

 

 

ってだけの違いらしいです。

 

「アイツは雨男だなぁ」とか他人のイメージも

大概は雨をそいつのせいにしているだけで

別に本来は雨男や晴れ男なるものは

科学的には存在しないで、

ただの思い込みということみたいです。

 

 

 なるほどなぁ、と少し納得しましたが

ただ1つ異議を唱えたいのは

本当にポジティブな人は自分の事を晴れ男だと考えるのか

という部分です。

 

 

 

自分の知り合いに1人とてもポジティブな人がいます。

ポジティブ例を挙げるなら

偏差値40だったのにマーチしか受けないくらい

ガチガチのバカ…もといポジティブなヤツです。

 

 

そいつも天気で一つ思い込みをしています。

 

 

それは皆で海に行く約束をして日のこと。

予定していた日程の日が、天気予報一週間前からずっと雨マークでした。

 

そいつはその日にどうしても海に行きたかったらしく

一週間前からその日晴れろと毎日念じていたらしいです。

 

 

結果的にその日は晴れました!

 

するとどうでしょう。

ソイツはそれをきっかけに

「自分は天候を操れる神様だ」と考え始めました。

 

 

以後ムカつく事があると「お前の大切な日雨降らすぞ?」

などと脅してきて

ムカつくやら可愛いやら。

仏の顔も3度までですが

天気を操る神様は一度丸丸しただけで

雨降らせるくらいには怒ってしまうようです。

 

 

 

 

このように、本当にポジティブな人は

大切な日に晴れたら

自分は晴れ男だ、などとは考えず

自分は神様だと考えるものです。

 

晴れ男だー、なんて自称してる

自称ポジティブ人間達は

まだまだポジティブレベル低いので

神様目指して頑張ってください。

 

僕もちゃっちゃとまずは晴れ男になれるよう頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲

ジェニー/THEE MICHELL GUN ELEPHANT

 

https://www.youtube.com/watch?v=YV4xzyvQatI&feature=share

 

散々眠って夢を見た 肋が折れていた

 

というフレーズが友達のツボにハマり

一時期自分の周りですこーしだけ流行った曲です。

懐かしい。

 

why I'm me

お疲れ様です、高橋ヨシオです。

 

昨年朝井リョウさんの何者が映画化されて

話題になっておりましたね。

 

就活で「自分は何者なんだ???」と悩む就活生の話らしいのですが

ただいま就活真っ只中の自分は是非見ておきたかったという後悔でいっぱいでおります。

 

 

しかしながら就活が始まって一ヶ月が経ちましたが

本当に世の就活生達は「自分は何者なんだ?」

なる悩みを抱えているのでしょうか?

 

少なくとも僕はそのような悩みに

今の所は苦しめられてはおりません。

 

 

それよりも個人的に僕は、

そんな「何者」な悩みよりも

「何様」なる悩みに悩まされております。

 

 

「おい人事、てめぇは何様だ??あーん???」

といった具合の悩みです。

 

 

なんなんすか人事の連中は。

こっちがあんだけ説明会で頷いてやってるのに

俺の採用にはちっとも頷きはしねえし。

 

こっちが死ぬ気でお前らの企業の良いところ調べて履歴書書いたりしてるのに

そっちは俺らの荒探して落としあがって。

 

おい何様だ人事???あーん????

 

 

 

 

 

すいません。

最近twitterでこの手のツイートするのは

もし企業の人にバレたらどうしよう?

とかチキってしまって吐き出す場所がこのブログしかないので

少し愚痴っぽくなってしまいましたが許してください。

 

こんだけ人事に喧嘩売ったような文章書いても

この記事更新した後は企業に媚び売ったエントリーシート記入するので。

 

 

 

エントリーシート書くのは本当に大変なんですよ。

基本的に休みが多いからその企業を選んでるのに

企業受け良い志望理由考えなきゃいけないし。

 

 

学生時代頑張ってきた事とか

自分の長所だとかを書いて

それを象徴するエピソードなんかも書かなきゃいけないし。

 

 

大体学生時代頑張ってきた事なんて

スマホで流出物のエロ動画探すことくらいしか無いし

長所なんてこれっぽっちもありゃしないわけですよ。

 

 

だからもう小説書き上げる気分でエントリーシート書いてます。

 

このエントリーシートの中の主人公は

友達が多くて学生時代はボランティアに力を入れていて

長所はコミュ力が高いところで…

とか考えて理想的な人間をエントリーシート上に作り出してるわけです。

 

本当にエントリーシート上の俺は

俺と同姓同名で誕生日や学歴が同じ

全くの別人でございます。

 

おい、エントリーシート上の俺。

お前は何者だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

(まだ中学生程度の知能しか無いので

今回ちょっと上手い記事書けたと思っております)

 

 

 

 

 

今日の一曲

おかしなふたり/フジロッ久(仮)

 

牛になりたい 言葉はいらない

お疲れ様です、高橋ヨシオです。

去年の年末博多行った日のことちょっとずつ書いてたんですが

本日やっと(雑に)仕上げることが出来たので更新します。

 

もうこの記事に関しては更新することで満足なので

ぶっちゃけ見てもらわなくて構わないです笑

 

それでももし見てくれる人がいるなら

今度会った時にチュッパチャプスでも奢ります。

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20170114040208j:image

 

 

7日目一色目は東洋軒のとり天。

大分ー!とり天ー!!という訳で

とり天発祥のお店と名高い東洋軒にてとり天を食べてまいりました。

 

正直東京住んでるとあんまりとり天って食べる機会ないし

唐揚げと何が違うの?くらいのスタンスで食べに行ったんですが

唐揚げと全然違いますね!!

 

何だろう?唐揚げよりサッパリ?

というか朝からでも食べやすいと言うか…

 

ごめんなさいやっぱり僕の語彙力では上手に食レポできないんで

気になる人がいたらぜひ食べに行ってみてください。

めちゃくちゃ美味しかったです。

 

ちなみに僕はとり天とご飯単品で頼んだのですが

ランチタイムだと実はとり天と中華丼セットとかのが少し安かったので

ちゃんとセットで注文することをお勧めします。

 

 

 

 

 

そしてここから大移動。

電車を乗り換え乗り換えして…

 

f:id:mochanrock:20170114041043j:image

 

 

たどり着きました博多の街ー!!

この写真は中洲?天神?どっちか覚えてないや笑

 

でも九州に行きたいと思ったのはやっぱり

博多のうまい屋台を死ぬほど食い尽くしたい気持ちが大きかったので

テンションがん上がりでしたね。

 

二日目に博多来た時は結局睡眠をとるだけだったし

正直シンシンはそこまで好みじゃなかったから

そのリベンジだ!腕も腹も鳴りまくるぜ!!

 

 

 

ということで1件目は

中洲のラーメンの屋台やまちゃん。

 

ちなみにこれが僕の人生初屋台でございます!

屋台の雰囲気に少し緊張しながらもラーメン登場。

 

f:id:mochanrock:20170114041719j:image

 

感想ですが、めちゃくちゃ美味かったです!

大分で食べたラーメンも死ぬほど美味かったけど

ここのラーメンもめちゃくちゃ美味しい!!

 

すげー!!流石ラーメンの街博多!!!!

シンシンが割と好みじゃなかったから

どうなるだろうか不安でしたが

これ食って安心しました。

 

博多の屋台はバチクソ美味い!!!

これから何軒か屋台回るつもりだったから

お腹あんまり膨らませたらいけないのについつい替え玉してもらっちゃいました。

 

ちなみに荷物は屋台の上に置いてもらえました。

優しさに溢れてますね。

 

 

 

 

 

 

そしてここから歩き今度は天神の方へ。

たどり着いたはかじしか!!

 

f:id:mochanrock:20170114042133j:image

 

 

アメトーークの博多屋台大好き芸人で見てからずっと行きたくて

今回の旅行で一番楽しみにしてたお店です!

 

ちなみにめちゃくちゃ人気店みたいで予約必須という情報を見て前日に予約したんですが

本当に凄い人気店みたいで予約してない人入らなかったから

もし行く予定があるならしっかり予約をすることをお勧めします。

 

 

 

店主の方も明るくて屋台全体の雰囲気をすごく盛り上げてくださってて

多分今回行った屋台の中で一番雰囲気が明るかったと感じています。

 

どこから来たのー?とか質問されたから

やっぱり観光客の方が多いみたいですね。

 

ちなみに店主の人が人が来るたびに出身を聞き

「ここのグループは東京から、ここのグループは静岡から」と紹介してくださるので

コミュ力さえあれば女の子との会話する機会もあると思います!

僕達も女の子とは話せませんでしたが

静岡からのお兄さん達とお話をしてすこーしだけ仲良くなりました。

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20170126164246j:image

 

ネギ巻きと明太子チーズ巻き。

ネギ巻きの画像をアメトーークで見たことがこのお店に行きたい!と思ったきっかけでした。

 

その気持ちからわざわざ東京から出てきた僕達を裏切ることもなく、

非常に美味しかったです。

 

もちろん明太子チーズ巻きも。

 

 

 

f:id:mochanrock:20170126164643j:image

 

和牛ゲタ。

基本いつも安い店にしか行かないから

ゲタが何だか全くわからないけど

店主さんがオススメするので頼んでしまった一品。

 

ただ頼んだことに後悔を一ミリもすることなく

美味しかったです。

 

ここのお店は割とヘルシーなメニューが多いみたいでしたが

この料理はちゃんとコッテリしてたんで

男の人にはオススメかもです。

 

ちなみに今調べたらゲタとは

アバラの骨と骨の間の肉らしいです。

 

 

 

f:id:mochanrock:20170126165204j:image

 

 

こちらも店主さんのオススメで買ってしまった豚足。

ここの店主さんオススメうますぎて、勧められたら買ってしまいガチだから

めちゃくちゃ色々お勧めしてくれるけど、ちゃんとお勧めにならない決意がないと

下手したら全部のメニュー食べることになるかもしれないからお気を付け下さい笑

でも金と胃袋に余裕さえあれば全部のメニュー食いたくなるほど旨いんだよなぁ。

 

 

f:id:mochanrock:20170126165450j:image

 

 

ぶどうの串。

もう意味わからないでしょ?

マスカットにベーコン巻いてそれを焼くなんて。

ただこれもめちゃくちゃ旨いんですよね。

普通にマスカット食べるよりマスカットの甘味が強くて。

なんだろう?スイカに塩的なアレなんですかね?

 

個人的にこのお店で一番好きだったのは

このマスカットのヤツでした!!

 

 

 

こんな感じで料理を食べながら

せっかくだと言う事でお酒も少しだけ飲み

静岡の男性達や店主さんとお話ししてたら

三時間ほど経過してしまい、

別れを惜しみながら次の店へ。

 

ちなみにこの後焼きラーメンを食べに行くなんて話を静岡の人に話したら

彼等もちょっとしてから行くとのことなので

また焼きラーメン屋で会えたら良いですねなんて話して別れました。

自分も、お酒が入ると多少のコミュニケーションを取れるんですね。

 

 

 

 

そして次に行ったのが

ともちゃん!

 

f:id:mochanrock:20170126170615j:image

 

 

こちらのラーメンも美味しかったです!

でも個人的にはやまちゃんのラーメンの方が好みだったかな?

 

いやでももう正確なジャッジは出来ないです。

流石にここ何時間かでラーメン食べて串焼き色々食べたから

お腹はもうパンパンですもの。

限界効用逓減の法則ってヤツですね。

就活生だから難しい言葉だって使います。

 

でも本当に

博多は胃袋が1つじゃ全然たりませんね。

2つ、3つは欲しいところです。

 

ちなみに今回の記事のタイトル、「牛になりたい」というのは

牛には胃袋が4つあることから付けたモノです。

 

昔アニマルQか何かで

牛に胃袋が4つあることを歌った歌があったことを覚えている人は

果たして何人いるのでしょうか?

 

 

 

話がだいぶされてしまいましたが

その状態の胃袋でも美味しいと感じるラーメンなんだから

相当レベルは高いはずです!

次回は空腹極めた状態で味わいたい!笑

 

 

 

 

 

そして

こちらが博多最後に訪れた屋台

 

こきんちゃん

 f:id:mochanrock:20170218192228j:image

 

 

かじしかでお兄さん達と

再会するかもと話した焼きラーメンのお店です。

結局再会は出来ませんでした。残念。

 

 

 

f:id:mochanrock:20170218192340j:image

 

f:id:mochanrock:20170218192428j:image

 

こちらが焼きラーメン

美味しかったです。あんなにお腹いっぱいだったのに

美味しすぎて食欲に火がついてしまい

餃子まで注文してしまう始末。

 

 

どちらも非常に美味しゅうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局また後半めちゃくちゃ雑になっちゃいましたね。

書くのやめようかなと思いましたが途中まで去年のうちに書いてたから

この記事だけ書いて今回の旅行の話は終わりにしようと思っていたので

半ば意地で書き上げました。

 

帰りに寄った大阪の話はまたいつか機会があれば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲

やぁ 無情/斉藤和義

 https://youtu.be/I51LwNltHzI

 

 

 

柔らかい地獄って天国にも似てるから

6日目

 

6日目は大分で地獄めぐり。

関係ないけどデトロイトメタルシティって

根岸が大分出身だから

クラウザーさんは地獄出身って言ってるんですかね?

 

 

そんなことより地獄の写真。

f:id:mochanrock:20170113023233j:image

 

地獄に行く前から湯けむり立ちまくりで

テンション上がりますね。

 

途中排水口からも湯けむりが立ってたのですが

あれは温泉の湯なのかそれとも別の湯なのか

どちらか分からないから怖いなんて話をしながら地獄めぐりのスタート地点に向かう。

 

 

 f:id:mochanrock:20170113023659j:image

 

 

まずは血の池地獄。

かいけつゾロリの地獄旅行でもありましたね血の池地獄。

どんな方法で乗り換えたのか全く覚えてないけど。

 

 

血の池地獄は

どういった理由かは全く知りませんが

本当に血の池のごとくお湯が真っ赤でした。

せっかくだから写真撮りたかったんだけど

湯気が凄まじくて全然赤さが伝わらないので断念。

 

f:id:mochanrock:20170113023902j:image

 

こんな感じなんですよ。

なんとなくお湯が赤いの伝わりますかね?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竜巻地獄

 

f:id:mochanrock:20170114030931j:image

 

 

f:id:mochanrock:20170113024008j:image

 

竜巻地獄っていうくらいなんだから

めちゃくちゃ竜巻当たるのかなぁと思ったら

下からお湯が吹き出す地獄でした。

 

でも竜巻いてるよりこっちのが見てて

「おー!!」ってなりますよね。

 

 

1時間に一度、15分くらい吹き出すみたいなのですが

丁度僕達が行った時に吹き出していました。

 

せっかくだからと記念撮影をしようとすると

f:id:mochanrock:20170114025823j:image

 

 

丁度竜巻が終わってしまいました。

広島の時も鹿に逃げられたりと今回の旅行では写真運の無い友達。

 

でもコイツは日常楽しんでるから写真くらい取れなくてもいいの。

今日もゼミでスノボ行ってあがるよ。羨ましい。

 

 

 

ここから少しバスで移動して

蒸し工房で昼食。

f:id:mochanrock:20170114030107j:image

 f:id:mochanrock:20170114030150j:image

 

 

このお店は温泉の蒸気?で食材を蒸して食べるお店です。

散々脂屋肉八だチキン南蛮だと重たい食べ物ばかり食べて来た旅行だったので

久しぶりの優しい食べ物が美味しいこと美味しいこと。

 

この旅行で多分一番お腹に優しく健康的な昼食でした。

 

 

 

 

その後足湯と足蒸を楽しむ。

 

足蒸って自分はここで初めて体験したんですが

すごく珍しく無いですか?

 

これは足をお湯につけるんじゃなくて

蒸気で温めるんですがめちゃくちゃ熱い。

どんだけ耐えられるかの我慢大会みたいになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

そして白池地獄へ。

f:id:mochanrock:20170114030822j:image

 

 

血の池地獄だけではなくて白池地獄ってのもあるんですね。

こちらも名前の通り白いお湯の地獄です。

 

f:id:mochanrock:20170114031302j:image

正直そんな地獄っぽくないですね。

どちらかというと穏やかで天国っぽいイメージ。

柔らかい地獄って天国にも似てるんですね。

 

地獄に落ちて何かクリアすれば天国に行けるとしたら迷わずこの地獄を選ぶと思います。

 

 

こちらは中に水族館的なのも併設してあります。

ラニアの子供とかもいるので楽しいです。

動物園は定期的に行ってますが水族館は久しく行ってないので

久しぶりに水族館にも行きたいものです。

 

 

 

 

 

 

 入口の写真撮るの忘れましたが

続きまして鬼山地獄。

 

 f:id:mochanrock:20170114031542j:image

 

写真は鬼の下半身の金棒をしゃぶっているポーズの友達。

この辺は中学生の頃から変わらないところです。

 

 

こちらの地獄のお湯は98度くらいあってめちゃくちゃ熱いみたいです。

 

 

でもそんなことより!!!

やっぱりこちらの地獄で一番楽しいのは

ワニ!!アリゲーター!!

 

f:id:mochanrock:20170114031808j:image

 

正に地獄のようにおびただしい数のワニがこちらの地獄にはいます。

そんなにガッツリは動いてはくれませんでしたが

口を開いてくれたら、ファンサービスもある程度してくれるので楽しい!!

 

確か水曜日と土日はワニに餌やりをする時間もあるみたいなのですが

この日は残念ながら餌やりは無いみたいでした。

 

 

でも餌やりなくても眺めてるだけで永遠に楽しめますね。

 

友達が動物あまり好きでは無いので

途中から30分くらい友達ほったらかしで

ずっと一人でワニちゃん達を眺めていました。

 

 

この地獄に行くのを一番楽しみにしていたし

結局一番楽しかったです!

何分もほったらかし食らった友達にとっては

ここは待ち地獄だったかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20170114032350j:image

 

 

かまど地獄。

こちらの地獄は小さい血の池地獄や坊主地獄などがある

オムニバス地獄みたいな感じでした。

 

 

f:id:mochanrock:20170114032558j:image

 

 

かまど地獄の割と気に入ってる写真。

 

f:id:mochanrock:20170114032745j:image

 

小さくて茶色い坊主地獄もどき。

タバコの煙を吐きかけると煙の量が倍増して楽しいです。

 

 

f:id:mochanrock:20170114032929j:image

 

ちっちゃな血の池地獄。

これなら湯気もヤバくなくて真っ赤なのが伝わりますね。

 

本物の血の池地獄もこんな感じの色で

しかも湯気半端なくてだだっ広くて。

是非本物の写真も分かりやすく撮りたかった次第でございます。

 

 

 

 

 海地獄。

 

f:id:mochanrock:20170114033210j:image

 

写真は入り口で波を表現するポーズの友達。

 

こちらの地獄はとにかく本当に綺麗でした。

 

 

f:id:mochanrock:20170114033746j:image

 

 

こちらも湯気ヤバかったんですが

この写真だと僕が邪魔ですが綺麗さが伝わりますでしょうか??

ちなみに僕は海だから砂で山を作っているポーズをしています。

普段海に行かないから海を評価するポーズのレパートリーが少ないんですよね。

 

ちなみについでに話すと

こちらの地獄でも煙を吐きかけると煙が増えるのか実験してみたところ

先ほどのところとは池?の規模が違うせいか

比べ物にならないくらい増えましたので

皆さんも機会があれば是非。

 

 

綺麗だし海地獄と名乗るだけあって壮大でしたし

この地獄も個人的にかなりお気に入りでした。

 

 

 

 

 

さあ、

長く楽しかった地獄めぐりもこれで最後。

最後は坊主地獄へ!!

 

f:id:mochanrock:20170114034313j:image

 

 

f:id:mochanrock:20170114034348j:image

 

 

最後の地獄コレかよ。。。

先ほどの海地獄があまりにも綺麗だし壮大だったのに

最後の地獄このクソほど地味な地獄かよ。

 

一応軽く説明しておくと

坊主地獄とは写真の通りドロドロとしたお湯?が

定期的にポコって膨らんで地蔵の頭みたいになる地獄です。

 

 

 

なんだこれ…。

血の池地獄や鬼山地獄みたいにスゲー地獄っぽい訳でもなく

海地獄や白池地獄みたいに、むしろ天国っぽい訳でもなく。

 

決して退屈では無いんですが

なんというか最後の地獄がコレは違いました。

完全に周り方を間違えましたね。

 

これから地獄めぐりをする人達にアドバイスです。

最後に坊主地獄に行くのはやめた方が良いです。

山田悠介の小説みたいな、竜頭蛇尾感がどうしても拭いきれなくなってしまいますので。

 

あと関係ないけど根本的に

坊さんが何で地獄にいるんだって話ですよね。

あいつ等ブッダか何かの教えを説いてるんだから天国サイドに行くはずなのに…

 

結局聖職?につく人間は神様なんかじゃなくてただの人間。

むしろ神様サイドにいるつもりでいるような

傲慢な人間なんだから最終的には地獄に落ちるんだよっていう

メッセージでも隠されているんですかね?

もしそうならばパンク過ぎるぜ大分。

 

いや、せっかくのクラウザーさんの出身地なんだし

ここはパンクではなくメタルと形容させてもらいますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで地獄めぐりはお終い。

この日はせっかくなので4000円もする温泉宿に泊まって夜を越しました。

続きはまた次の記事で。最後までお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

今日の一曲

a love song/HAWAIIAN6

https://www.youtube.com/watch?v=jnATT65M4Ro&feature=share

 

 

大分はラーメン美味しかったし

とり天も美味しかったし

地獄めぐりも楽しかったし

JK可愛いしまた行きたいですね。

 

 

南蛮を待ってたんじゃツラい

お疲れ様です、高橋ヨシオです。

失敗から何も学ばずまたしばらく旅行の話書くの忘れてました。

 

特に大したこと書くわけじゃないんだから

旅行の話書かずに別のこと書けば良いんですが

この記事も途中まで書きかけてたし、

流石に趣味で始めたブログなんだから

決めたことくらいちゃんとやり通したいので

遅くなりましたがまた年末の旅行のこと書きますね!!

 

 

 

 

3日目。

 

3日目は始発で博多を出て長崎へ行く。

 

f:id:mochanrock:20161220024519j:image

 

桃太呂の豚まん。

朝一でお腹空いてたのもあってこれもめちゃくちゃ美味しかった。

個人的に長崎で一番美味しかったのがコレ。

朝早くからお店やっててくれるのも非常にありがたいし

10個入りだから何人かで訪れても分けやすくて便利。

 

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161220024800j:image

 

 

四海楼の長崎ちゃんぽん。

ちゃんぽん発祥のお店らしくてめちゃくちゃ混んでたけど

雰囲気がなんかいかにもすげー所って感じでした。

 

残念ながら家系ラーメンでバカになって舌では

1000円出して食べるほどかなぁ…

と感じてしまったから

しばらく家系ラーメン控えようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161220025044j:image

 

 

ヒカリの佐世保バーガー

これは個人的に割と好きだったんですが

話題切れた時に友達と話した際に

「正直佐世保バーガーは行かなくてよかった感ある」と言われてしまったので

少し残念でした。

 

個人的には好きだったんだけどなー佐世保バーガー

 

 

 

友達の意見としては

「どうしても7月に行った横須賀のツナミのハンバーガーと比べてしまう」らしいです。

 

確かにツナミのハンバーガー美味しかったけど

こっちの方が全然リーズナブルなんだから

そこも配慮に入れて欲しい所です。

 

 

ちなみに夏に九州に旅行に行った友達も

こちらの佐世保バーガー食べたみたいですが

彼も褒めてたので佐世保バーガー美味しい派が勝ち越してるので

佐世保行く機会があったら是非食べてみてください。

 

 

あと関係ないけどハンバーガーを

美味しそうに写真に撮るにはどうしたら良いのかとか

詳しい人いたら教えて欲しいです。 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161220025415j:image

 

佐世保バーガーのよくわからないキャラクター。

アンパンマンにいそうですね。

 

 

 

 

そして熊本に行き

 

f:id:mochanrock:20161220025548j:image

 

 

黒亭のラーメン。

馬刺し食うほどの金が無かったから

熊本で唯一「ここ!ここ行って熊本堪能した事にしよう!」と

必死に探した熊本の美味しそうなお店。

 

 

こちらもやっぱり家系ラーメンでバカになった舌では

どうしても味が薄く感じてしまう…

本当に家系ラーメン控えます…

 

でもオススメの食べ方とか書いてあって丁寧だし

この日は雨が降ってたんですが

傘を持っていなかった僕達に傘をくださったので

お店はすごく好きです。

 

傘くれた店長さん本当にありがとうございます。

ちゃんと亀頭くらいに敏感な舌を取り戻してから再度訪れます…,

 

 

 

 

 

 4日目

4日目は鹿児島行ってシロクマと砂風呂堪能するつもりだったんですが

熊本で寝坊したせいで断念。

 

僕はシロクマを食べ、友達は砂風呂に行くことにして別行動をとることに。

 

 

ちなみに僕は人吉とかいう駅で電車を3時間ほど待つ羽目になり

人吉で暇つぶしをすることに。

 

 

f:id:mochanrock:20161221022155j:image

 

 

何か分からないけど駅前にあったからくり時計。

 

 

 

f:id:mochanrock:20161220030120j:image

 

無料の足湯。

雨で靴ビチョビチョになってたので非常にありがたかったです。

 

でもせっかく足湯であっためたのに

履く靴はビチョビチョだから結局その後も不快感は続く。

 

 

 

f:id:mochanrock:20161221022426j:image

 

 

橋。橋好きなんですよね自分。

とりあえず写真撮るし、渡れる橋は渡っていきます。

 

人生でもそんな感じでちゃんと

危険な橋を渡る勇気みたいなものが欲しいものですね。

「危険な橋を渡らなければ 死ぬことさえも出来ないぜ」なんて歌を作ってみましたが

結局生きてるのは危険な橋を避けてきたからでございます。恥ずかしい。

 

 

f:id:mochanrock:20161221022751j:image

 

 

鹿児島で食べた

むじゃきのシロクマ。

想像力に乏しい僕にはパッと見で

「シロクマっぽい!!」とはなりませんでしたが

味はめちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

6日目の大分でした

「今回の旅行で美味かったものランキング中間発表」で

こいつは3位に入賞しました。

 

 

味もさることながら氷のふわふわな食感とかもたまりませんね。

12月にわざわざかき氷食べる神経を疑われるかもしれませんが

12月に食べても全然美味しく食べられちゃいました。

 

なんか今年の夏とかはふわふわなかき氷ブームだったみたいですが

なんとか半年遅れでブームに乗ることができました。

 

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161221023324j:image

 

宮崎に到着して食べた肉巻きおにぎり。

これは結構楽しみにしていたのですが

個人的に少し好みではなくて残念。

 

いや、美味しいんですが

米に対して肉が少なくて米を持て余してしまいました…。

この日はシロクマしか食べてなかったから

がっつり肉肉しいものを求めていたので

もう少し肉を多くして欲しさが非常に残りました。

 

でも夜中3時まで営業してくれてるのはありがたいです。

 

 

 

 

んで、この日は熊本での寝坊による出費が痛かったので

ファミレスのドリンクバーで夜を越す。

 

そしてちょうどこの辺から「あー、一人旅行にすればよかった」感が非常に増してくる。

 

やっぱり一週間の半分くらいの時間が

他人と一緒にある程度楽しく過ごす限界のようでございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5日目。

 

f:id:mochanrock:20161221023958j:image

 

チキン南蛮。おぐら本店。

チキン南蛮発祥のお店らしいです。

前日がシロクマと肉巻きおにぎりしか腹に入れてなかったんで

もう何食べても美味しい腹のコンディションだった状態で

こんなにガッツリした飯食って、美味しくないはずかありませんよね。

量も沢山あって大満足でした。

 

美味しかったし友達の「美味しかったモノランキング」代2位に入賞してました。

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20170113015545j:image

 

こちらは

直ちゃんのチキン南蛮

チキン南蛮と聞くとおぐら本店のチキン南蛮みたいにタルタルソースで食べるのを想像しがちですが

こちらのお店はタルタルソース無しなんですね。

僕は個人的にこっちのチキン南蛮の方が

さっぱりしてて好きでした。

 

お店の店員さんも優しい方で

僕がお茶で薬を飲もうとしてたら

お冷を持ってきてくださいました。

 

ちなみにその店員さんは若くて

見るからに優しそうでキレイで

こんな美味しい料理が食べれてこんなに出来た店員さんがいるので

このお店はお店としても個人的にスゴい好きでした。

 

 

 

 

そして大分に到着して 

f:id:mochanrock:20170113020756j:image

 

大分駅の近くで食べたふくやラーメン。

 

今回の記事で2つの麺類に

個人的にそこまで好みではないという趣旨の発言をしましたが

久しぶりに麺類褒め称えさせてもらいます。

 

ここのラーメンめちゃくちゃ美味しかったです!!

 

コッテリしてて家系ラーメンでイカれてしまった僕の舌でも

非常に美味しいと感じられたし

なによりこのチャーシュー見て!!

 

もうこのチャーシュー、ローストビーフでしょ!!????

 

ラーメン屋さんであんまり具材のこととか思ったことなかったけど

このチャーシューはマジでめちゃくちゃ美味しかったです。

 

いや、チャーシューだけじゃなくて

もちろんスープも麺も何から何まで本当美味しくて

チキン南蛮2つ食べてお腹ある程度膨らんでるのに

ついついお代りしちゃいました。

 

 

大分でネカフェのナイトパックまでの時間つぶし程度に入ったつもりだったのですが

こんなに美味しくて本当にHAPPYでした。

 

 

 

 

 

 

 

6日目以降は次の記事で。

 

 

 

今日の一曲

深夜高速/フラワーカンパニーズ

 

https://youtu.be/qAh8Z5pH7aI

 

フラカン本当良いっすよね。

神戸駅の駐車場で二人で見た夢は

お疲れ様です、高橋ヨシオです。

本日まで10日間、青春18きっぷを駆使して

地元の友達と男二人で旅行して来ました。

 

 

10日間という長い間人と一緒に生活するのは

途中でムカつき始めたり色々あって大変でしたが

まぁ終わってみるとなんだかんだで楽しかったような気がしております。

 

 

まぁ仲良い友達でも10日間一緒に生活するのは割とキツい

という自分の社会不適合っぷりと

でもなんだかんだである程度楽しめたという

自分の社会適合可能性という

真反対の自分の一面を見つけられた今回の旅行ですが

 

今回もいつものごとくブログで振り返ろうと思います。

 

 

前回学んだ通り、今回も写真中心のダイジェストみたいな感じになりますがよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

それでは早速1日目。

 

始発で出かけることは決めてたけど

別行動をしていては絶対にどちらかが寝坊して始発に乗れないという事に気付いていたので

前日の夜中から居酒屋で時間を潰して

始発に乗り込み旅行スタート。

 

 

 

 

 

 

16時ごろに今回の旅行の最初の目的地である

兵庫県に到着。

 

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161218173032j:image

 

明石焼きの名店きむらや。

 

 

前日の夜にラーメンを食べて以来、

約18時間ぶりの食事です。

 

去年神戸に行った際は

ケツがあったので三ノ宮で明石焼きを食べたから

本場明石で食べる明石焼きはコレが初めてです。

 

 

腹ペコペコ状態で完全に舌と腹はコッテリしたものを待ち望んでいたはずなのに

このあっさりした明石焼きがめちゃくちゃ美味しかったです。

 

こちらのお店はツユにつける食べ方だけではなく

塩をかけて食べる食べ方もオススメしていたのでやってみましたが

塩で食べる明石焼きも美味しいんですね。

 

 

一緒に行った友達は塩の方の食べ方にハマってしまってずっと塩で食べてました。

ちなみに自分はツユ派。

 

 

 

んで少し明石を観光?

この日は飯を食うこと以外に予定はないから

少しでも歩いて食べ物消化する作戦です。

 

 

 f:id:mochanrock:20161219185856j:image

 

 

今写真見返して思いましたが

凄い賑やかですね商店街。

 

全然大阪の道頓堀とかの賑やかさに負けてない気がします。

 

 

f:id:mochanrock:20161218173030j:image

 

国道二号線。

ガガガSPなんて全く聞かない友人は

国道二号線の看板を写真に撮る意味が全くわからないようで

スゴく不思議そうな顔をしていました。

 

ガガガSP好きな自分も

冷静になるとこんなの写真に撮る意味が全く分からなくて

とても不思議な気分。

でもせっかくだからブログに投稿。

 

 

 

そして商店街を一回り歩いて

今度は新長田駅の青森というお店で

そば飯を食す。

 

 

f:id:mochanrock:20161218173029j:image

 

 

自分は兵庫にそば飯のイメージを特に持ってなかったんですが

兵庫ってそば飯発祥の地でこのお店もかなり有名みたいなので

せっかくなので立ち寄ってみました。

 

 

美味しかったしお店もこじんまりしてたので

ここの常連になれたら渋くてカッコいいなぁ

と思いました。

 

 

 

 

 

んで、神戸駅までいって

神戸から三ノ宮方面に疲れるまで歩くことに。

 

 f:id:mochanrock:20161219190043j:image

 

 

国道二号線も写真に撮ったんだから

神戸駅も写真に撮りますよね。

 

 

とりあえず三ノ宮の方(だと思う方向)にフラフラ歩いていたんですが

町中イルミネーションでとてもキレイでした。

 

とてもキレイであると同時に

この綺麗な町並みを男二人で歩いている虚しさを

お互い噛み締めていましたが

途中からは完全に割り切って神戸観光に徹しました。

 

 

f:id:mochanrock:20161218173035j:image

 

 

神戸駅周辺にはアンパンマンドキンちゃんの像が沢山あったのですが

なんの脈絡もなく現れるエルビスプレスリーの銅像

 

 

f:id:mochanrock:20161218173031j:image

 

 

神戸タワーと隣の何か。

隣のやつ一体なんなのですかね?

正体分からないし調べるほどは気にならないけど

何なのかしってる人いたら教えてください。

 

ちなみに神戸タワーなるものの存在は

神戸タワーを見るまで完全に忘れ去っておりました。

 

 

本当になんとなく神戸から三ノ宮まで歩いて腹ごなししようというつもりで

神戸で降りたら神戸タワーとか見れて楽しかったです。

 

 

そうなんですよね。

昔から思ってるしこのブログでも言ってますが

「神戸タワー見よう!」と思って神戸タワーを見てたら多分こんなに楽しくなかったと思います。

こういう風にたまたま見えるから楽しいんですよね。

 

今回は一人旅じゃないからある程度行きたい店の目星とかを調べて行ってたのに

こういう偶然があってよかったです。

 

 

 

f:id:mochanrock:20161218173033j:image

 

せっかくなので神戸タワーとツーショット。

 

旅行先で男二人でツーショットってめちゃくちゃ恥ずかしいですね。

旅行先でツーショット何枚も撮れるサンドウィッチマンさん本当すげーなぁと思いました。

 

 

 

 

んで、そのまま歩いて行って元町中華街へ。

 f:id:mochanrock:20161219232936j:image

 

 

神戸ってほぼ横浜だよ、

なんて話は昔聞いたことありましたが

ここまで横浜だとは思っていませんでした。

 

 

駅周りキレイでキラキラしてて

タワーと中華街があって

大都市(大阪)に負けじと頑張ってるだけでも

かなり横浜なのに

中華街の場所まで元町ですもの。

 

 

 

 

 f:id:mochanrock:20161219190123j:image

腹ごなしに歩いてるのに中華食べちゃったら意味がない。

でもちょびっとくらい中華食べたい…

 

との葛藤の末のプチ肉まん。

 

 

友達撮った写真なんですが

写真の撮り方がリア充っぽくて

置いていかれたなぁっと一人で痛感。

 

 

そして元町からさらに歩こうかと思っていましたが

何かのイベントがあるようで

元町駅付近がハロウィンの渋谷のように大混雑していたので

 

徒歩は辞めにして電車で三ノ宮に行き、

この日最後の食事をとる。

 

 

 

 

 f:id:mochanrock:20161219190224j:image

 

 

最後の食事は脂屋肉八。

もう名前的にコテコテの匂いしかしませんよね。

 

このお店は去年兵庫に行った際に立ち寄ったというか

これを食べるために兵庫に立ち寄ったお店です。

 

 

 

丼版のラーメン次郎みたいな感じと言えば良いんですかね?

とりあえずバカ盛り系の店なんですが

 

去年行った時は昼間にたこ焼きお好み焼き食べ過ぎて

既にお腹いっぱいの状態で訪れたので

せっかく行ったのにバカ盛りは食べられなかったので

今回はそのリベンジです。

 

 

 

今回は男のプライドをかけて

カツ丼のヘビー級を注文。

 

 f:id:mochanrock:20161219190319j:image

 

 

ちなみにカツ丼のヘビー級の宣材写真?はこんな感じ。

勝つ丼って評価されてるのが少しだけ滑ってますね。

 

 

 

そして出てきた勝つ丼ヘビー級

f:id:mochanrock:20161219181634j:image

 

普通ご飯屋さんってメニューに載せたりする写真の方が大盛りにとってるのに

こちらのお店は1ミリもそんな小細工していないみたいですね。

 

 ただこういうチャレンジ系のお店に限っては

そういう小細工をしておいてくれた方がありがたかったりするわけですよね。

少しはマクドナルド先輩を見習って欲しいものです。

 

 

いや、そんなこと言っていてはダメですね。

 

 男のプライドをかけた戦いなんだから

相手が強ければ強い方がやりがいがあるってモノだし

 

高ければ高い目標の方が

それを果たした時に自分の男としての価値が大きくあがりますもんね。

 

 

正面からくってやる勝つドン。

ということで男の真剣勝負の結果。 

 

f:id:mochanrock:20161219184701j:image

 

なんだかんだ完食。

これでまた男としての価値が少しあがりました。

 

せっかくなので女性の皆さんに再度報告です。

自分、脂屋肉八の勝つドンヘビー級を平らげるくらいには

男磨いてますので、もし男レベル高い恋人が欲しいとかあったら

いつでもコメントでも何でも連絡ください。

 

 

 

 まぁそんな男極めかけの自分ですが

こんだけ食べると流石にお腹いっぱいなので

三ノ宮のガストに泊まって初日は終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目。

2日目は始発で三ノ宮を出て広島に向かう。

途中本当にめちゃくちゃ田舎ゾーンに突入して

「こりゃ有吉や奥田民生みたいな

旅の人が沢山出る訳だわ」なんて変に納得。

 

その後市内に出ると割と栄えていて、広島駅から路面バスに乗り

ちょうど1時頃、八丁堀駅にある

お好み焼きやさん、みっちゃんにて昼食。

 

f:id:mochanrock:20161219190635j:image

 

 

 みっちゃんのお好み焼き。

もうね、めちゃくちゃうまかった。

 

一緒に旅行行ったヤツと最終日に

「今回の旅行で美味かったモノランキング」やった際に

二人ともこの店を1位にしていた位には

めちゃくちゃ美味かったです。

 

こんな美味しくて人気店なのに

値段も800円しないで普通にお腹いっぱいになるし

100円課金して麺をダブルにするともう本当に満腹になれる

最強のコストパフォーマンスも持ち合わせているので

マジで広島行く機会がある人がいたら

是非食べて欲しいです。

 

 

 

f:id:mochanrock:20161219190818j:image

 

 

みっちゃんのマヨネーズ。

広島やっぱりカープ愛が凄いですね。

 

ちなみに広島の人達はお好み焼きにマヨネーズはかけないらしいので

マヨネーズかけないことで通ぶることが出来るみたいです。

 

 

 

 

そしてそこから宮島へ。

 

流石に俺達ももう22歳なんだから

旅行に行ったら食事以外にも少しは大人の嗜みといいますか

風流な景色を見たりする、大人の旅行の楽しみ方だってするんです。

 

f:id:mochanrock:20161219191353j:image

 

有名な鳥居。

思ったよりも海に沈んでなかった。

夕方辺りまでいたけど夕方でも思ったよりって感じでした。

 

流石に俺達ももう22歳なんだから
旅行に行ったら食事以外にも少しは大人の嗜みといいますか
こうやって風流なモノや綺麗な景色を見るような

大人の旅行の楽しみ方だってするんです。

 

 

 

f:id:mochanrock:20161219225920j:image

 

 

 

揚げ紅葉。

 

大人の嗜みもしますが、そりゃ食べもしますとも。

広島に行く目的は

島風のお好み焼きを食べること

揚げ紅葉を食べること

が個人的に8割くらいを占めていたんですもの。

 

まぁこうして「綺麗な景色で感動する俺」

とならずに、各地の美味しいものを食べるのも

大人の嗜みですよね。

 

 

味はこしあん、チーズ、クリームの3つがあるみたいでしたが

やっぱりこしあんですよね。

揚げてある衣?的な部分もほろ甘かったり、

外側がサクサクな食感だったり、あんこが暖かかったりと、

普通のもみじ饅頭とは違った美味しさを楽しめて

個人的に好きでした揚げ紅葉。 

 

中で食べる時は熱いお茶も飲めるんですが

熱いお茶ともあって非常に美味しかったです。

 

ただ大人(おっさん)だから
揚げてあると少し胃がもたれてしまったので
大人の皆さん食べ過ぎには注意です。

 

 

 

f:id:mochanrock:20161219232219j:image

 

 

ちなみにもみじ饅頭は今沢山種類出てて

帰り道に色んな味のもみじ饅頭買っちゃいました。

 

大人ですもの。大人買いくらいしますよ。

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161219230544j:image

 

 

鹿。

無知すぎて知らなかったんですが

宮島には沢山鹿いるんですね。

 

こうして知らなかった事を

1つ1つ学んで行くのも大人の嗜み。

 

 

 

 

 

f:id:mochanrock:20161219230800j:image

 

 

せっかくだから鹿と写真を撮ろうとするも

鹿に逃げられる友人。

 

自分は鹿割とやってきてくれるのに

何故か彼は鹿から逃げられてしまいます。

 

彼なりに考えて、近付き方が良くなかったのでは無いかという結論にいたり

 

 

 

f:id:mochanrock:20161219231036j:image

 

 f:id:mochanrock:20161219231438j:image

 

f:id:mochanrock:20161219231509j:image

ダンソンで鹿に近付く友人。

鹿だけに、バンビーノで近づいていきました。

 

 

…すいませんやっぱり大人の嗜みも何もなく、

年老いた二人の中学生もどきの大人ごっこでしたね。

 

下手したら今の中学生なんて俺らより少し大人かもしれません。 

まぁいつかちゃんと鹿見つけてもダンソンしない大人になったら

またいつか宮島遊びに来たいモノです。

 

 

あとサラッとスルーしたけど

もみじ饅頭もっと沢山買えるようになって

もう一度宮島行きたいですね。

あの量で「大人買い」って言ってる感じが

いかにも子供っぽくて恥ずかしい。

 

 

ちなみに最終的には友達もちゃんと

鹿との写真をニーブラしてました。

 

 

 

その後ちょっとした山みたいな所を登ったり

神社で鐘をついたり

(再度揚げ紅葉を3つほど食べたり)して

宮島並びに広島を出て、博多へ。

 

 

 

この日は日曜日だったので

行きたいと思っていた屋台が締まってる所が多かったので

 

f:id:mochanrock:20161219235106j:image

駅でshin-shinを食してこの日は終了。

shin-shin有名店だけあってやっぱり美味しかったです。

 

しかしネタバレしてしまうと個人的にはこの旅行中でこ

shin-shinよりも好みのラーメンにいくつか出会ってしまったゆえに

正直あんまりshin-shinの記憶がないんです…笑

 

また博多に行ったら食べて記憶を思い出そうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲

晩秋/ガガガSP

晩秋

晩秋

 

 

 

見えたね 行くべきとこ 本当は最初から

お疲れ様です、高橋ヨシオです。

お金を貯めてソープに行きたいです。

 

 

挨拶の直後にこんな発言ですいません。

そして先に断っておきます。今回は1から10までピンク、

しかも結構ガッツリなピンクなお話ですので

今回の記事を読む方は自己責任でお願いします。

 

 

でもしょうがないんです。自分ソープに行きたいんです。

 

 

 

あ、勘違いしないで欲しいのが

最近性欲が爆発してしまってるが故に

ソープに行きたい、なんて言っているわけでは無いのです。

 

 

 

高橋ヨシオも今年で22歳、

そろそろ自分磨きでも始めようと思い、

その自分磨きの一環としてソープに行きたいと言っているんです。

 

 

ある人はエステに、ある人はライザップに行く

そんな感覚ですよ。

 

 

 

 

ちょっと言っている意味がわからない人もいるかと思うので詳しくお話しします。

 

自分磨きとしてソープに行きたい、

正確には自分の内面を磨くためにソープに行きたいと考えております。

 

 

というのも、自分は現在死ぬほど童貞をこじらせております。

 

表面的な部分で例を挙げるなら

女性とマトモにお話出来なかったり

ボディタッチなんてされようものならもう照れて顔が真っ赤になってしまったりなど。

 

 

しかし童貞こじらせるというのは

そういう部分よりもっと内面的な部分の症状が進んでしまうことなんです。

 

自分に自信が持てず、それ故に自慢話が増えたり

また逆説的に見えるかもしれないけど

根拠のない自信過剰になり、素直に人のすごい部分を認められなかったり

基本的に憂鬱であったり嫉妬と自己嫌悪の渦で苦しんでいたりと

 

 

 

人間として嫌われるような状態になることが

童貞こじらせることの一番の問題点なんだと思います。

 

 

内面的な部分に関しては

非童貞は「それは童貞関係なく人間性だろ」

とか思うかも知れませんが

童貞諸君はきっと分かってくれるはずです。

 

 

 

 

そしてここからも童貞意外は分かってくれないかも知れませんが

この様な拗らせは

「童貞であることがはずかしい」故に起こるものではありません。

 

童貞、つまり

女性から男として受け付けてもらえない自分の醜さとその自覚から来るモノなのであります。

 

 

どれだけ峯田が童貞万歳と叫んでくれても

ここの部分まで救い出してはくれないのです。

 

 

 

 

しかし、そんな童貞のカリスマ峯田和伸でさえ

ぶち壊すことの出来ない童貞の一番の辛い部分を

ソープの嬢様は優しくそして気持ち良くぶち壊してくれるのです。

 

 

お金が発生しているということ、

相手がプロであるということは頭では分かっていても

 

それでもやっと異性に受け入れてもらえる、

異性として拒絶や否定しないでもらえるという喜びを本能的に知ることができ

 

その上

「少なくとも自分は金が発生すればプロの方に受け入れてもらえる」という

今まで持つことの出来なかった最低限の自信を持つことが出来ます。

 

 

これだけでかなり拗らせの内面的な問題点を解決できますし

もちろん表面的な童貞のこじらせも少しは解決の方向に向かうはずだと思います。

 

普段女性と会話出来ないだけではなく

女性と会話する機会さえ無い自分が

嬢様とお話ししたり色んなことして頂くのですものね。

 

 

 

しかし、

ソープに行くことが自分磨きだと言っている理由は

これだけではありません。

 

そしてこの表面的、内面的な童貞のこじらせを

少しでも治るということは、

これはつまり少しでも人間としてマトモになること並びに

少しでも彼女という存在が出来る可能性が高くなることを意味します。

 

 

 

そして、その結果順調に進み

いつか彼女ができ、その後彼女と

初めて夜を共にする日のことを想像してみてください。

 

 

 

ソープに行っていなければ

きっと自分はいかにして彼女とそういう行為をするのかがほとんど分からないはずです。

 

というのも自分は普段AVで挿入シーンをあんまり見ないので

 

「腰を振るってどういう向きに?」

「そもそもどういう体制でするの?」

 

ってレベルでそういう行為に対して無知なのです。

いや、その代わり「自己規制」とか「自己規制」ついては博学なんですがね。

 

 

 

まぁ話が少しそれてしまいましたが

そんなレベルで無知だったら

せっかく彼女といいムードになっても

ムード台無しになってしまったり、

彼女に失望されてしまう可能性が充分にあります。

 

 

 

しかし!!

ソープに行き、先に予習をしっかりしていたらどうでしょうか?

 

…そうです。

ちゃんとムードを壊すことなく、

上手にいいムードのまま朝を迎えることが出来ます。

 

 

 

 

 

つまり、ソープに行くことは

彼女が出来るまでの過程でも自分の為になりますし

彼女が出来てからも、そこで学んだことは自分の為になる訳です。

 

 

 

 

 

これらのことを踏まえて

自分磨きとしてソープに行きたいという発言をした訳です。

 

 

 

 

 

こんなブログを書いてたらもう深夜です。

まだ自分磨きをする金、ソープに行かせて頂くほどのお金は溜まってないので

 

本日は大人しく自分シゴキして寝かせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲

 SEXTEEN/銀杏BOYZ

SEXTEEN - YouTube