読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と憂鬱

度重なる身バレによる三度目のブログ

the cost of my happy

お疲れ様です、高橋ヨシオです。


さて、前回
「これからはバリバリにブログ更新していくでー!」

的なことを書きまして、
早一ヶ月の歳月が経ちました。

前回の記事は一体何だったのかというくらい
ゴリゴリに放置しましたね。

 


さて、ブログを放置した理由とも繋がるんですが
今月の僕は珍しくビビるくらいセコセコ動いてました。


基本的に非リアだから月に予定なんて3つもあれば上等って感じの自分なのに
まさかの今月は予定無い日が5日しかない多忙ぶり。


しかもこの前の日曜日が自分の
弾き語りのライブだったのですが
どうしても弾き語りのライブは新曲中心にしたくて

休みの日や、予定までの暇な時間など
ほぼほぼ曲作りに費やしていたから
もう本当に意外とノホホンとゆっくり普段のように過ごした時間ってかなり少なくて。

 

でもこんだけ忙しくても、予定の内容が

まぁもちろんバイトやミーティング等面倒臭い予定もあったけど、
スタジオやライブや知り合いと遊ぶとかも
いくつかはあって。


まぁ知り合いと遊ぶのは
正直楽しい会と、そうで無い会があったけど


自分のライブ二本は両方とも
凄い楽しかったし

それに向けてのスタジオも、久しぶりに
「あー、このスタジオで喉死んでも良いや」ってなっちゃうくらい楽しかったし


新曲作るのも
「うわ!この曲最強だ!!!」ってくらい気に入ったの三つ作れたし。


その上人生初の銀杏BOYZのライブにも
遊びに行けて、
色んなところで賛否両論あるみたいですが
俺個人的には本当に良かった思えたし。

 

もう今月の自分は、リア充だったと思います。

 


でもやっぱり人間って慣れないことはやるべきじゃないですね。


21年間非リア充として生きてきた俺は
今月のリア充な生活は非常に楽しかったけど
どうしても非リア癖が染み付いてしまっているようで

完全に電池切れというか憂鬱というか
無気力というか

あーもうお家から出たくない何もしたくない
何しても楽しくない息すんのも面倒くせえ的な


賢者タイム的なモードに突入しちゃいました。

 

いや、基本的にはいつもその状態ではあったけど
ここ三ヶ月くらいはある程度そのモードから脱していて

「あー、俺もうあのモード完治したかな?」
なんて思ってたんですよ。

友達にも最近少し明るくなったとか
血色よくなったとか言われたし。

(そういうこと言ってもらったことを覚えてる感じが
いかにも非リアっぽいわけですが)

でもやっぱり完治はしてなかったみたいですね。

 

結局根っこの部分が非リアだと
リア充的な日々を送ることに対して
その後一週間くらいかけて

賢者タイム的モードの一週間をすごす、というコストを
支払わなければならないんですよね。

 


その「賢者タイム的モードの一週間を過ごす」っていうコストを払うのも割とツライんですよ。
本当はずーっと眠ってたいけど体は疲れてないから眠れないし。
起きてると起きてるで、起きているのがシンドイし。


でも、そのコストを支払うにあたって
さらに利子として
大学に出席できないから、単位という利子がついたり

人と関わるのダルくて連絡とか全部放置しちゃうから
人間関係にヒビが入る、という利子など


様々な利子がつくから
非リアがリア充的なことするのは
改めて考えるとやっぱり代償がデカすぎるんですよね。

 

一ヶ月間楽しむだけでこんなに大きなコストを支払わなければならないなんて。
やっぱり僕は部屋に引きこもって聞く
六畳一間のロックンロールがお似合いみたいです。

 

 

 

 


今日の一曲
感情七号線/フラワーカンパニーズ

 

https://m.youtube.com/watch?v=E7vRV8csH_w






せっかく銀杏のライブ行ってきたけど
今日はこの曲の気分。
ちなみに今はブログ更新できるくらいには
モード脱却しましたー