読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と憂鬱

度重なる身バレによる三度目のブログ

返信リベンジャースーパーファイトバック

お疲れ様です、高橋ヨシオです。


今回は為になるお話。




唐突なリア充自慢になってしまいますが
今回の春休み、自分は大学入ってからの春休みの中で
一番楽しい長期休みを過ごさせてもらっております。


というのも、今回の春休みは
多分今までの長期休みの中で
一番人と会わずに生活できているからです。


自分もともとは人と会ったり
おしゃべりしたりするのが好きな人間のはずだったんですが

一年間の引きこもり期を経て


段々
人と会うと疲れるし、人と会うと
なんかよく分からないけど傷付くし…

みたいな感じで、人と関わるのが苦手になってきていまして


もう後半は単純に
「色々あるけど結果人間嫌いだわ」くらいの所まで来ていました。


それでもちょっと前までは
一人でいると寂しかったのですが

最近はちゃんと一人にも慣れて

人と会わないこと=ストレスフリーだと感じるようになってしまいました。


落ちるところまで落ちてしまいましたね。





しかし!
そんなストレスフリーな生活をしていても
実際の所は完全なストレスフリーではなく

一つストレスを僕に与えてくるものがあります。





それは、世に言う
「LINE」というヤツです。




人からLINEが来ることって
人と会うことと同じくらい、

いや下手したらもっと嫌いだと最近は感じるようになりました。



というのも、一応予定を経てて人と会う時って
ちゃんと「○日に人と会う」ってことを意識して

それまでに人と会う心の準備が出来るじゃないですか。



でもLINEはそうはいかないんです。
「○日にラインが来る」とか
一切心の準備が出来ない内に

急に不意打ちで届くじゃないですか。


あれは卑怯ですよ。



死刑囚だって、
死刑執行の日を知らされないから
心の準備が出来ず、

急に執行される日の朝
「お前今日死刑執行な」

ってやられるからキツいらしいじゃないですか。



それと同じですよ。
俺は法的に裁かれるような罪を何も犯してないのに
死刑囚と同じような扱いなんですか?


いや、死刑囚は「いつか死刑される」ってことは頭の中にあるけど
俺は「いつかLINEが来る」ってことさえ頭の中にないから

死刑囚よりも残酷かもしれません。






いや別にね、
僕も「LINEとか来るだけで無理吐き気する」とか
そこまで拗らせてる訳ではありません。


別にLINEが来るだけなら別に構わないんですよ。

ただ、LINEってほとんどの場合
返信をしなくてはいけないじゃないですか。



俺は折角一人で誰とも関わらず
ゆっくりと生活してるのに突然表れあがって。

その一人の時間中に急に表れて
一人の時間を邪魔するような無礼を許してやったら

図にのってこちらにも「返信」なんてアクション求めてくるとは
一体どういうつもりなのでしょうか?


もうそれが嫌で嫌でたまらない訳ですよ。




人と会う時のフットワークもバカみたいに重いけど
ライン返す時のフィンガーワークは
それと同等の重さしてるんですよ。





「そんなに嫌ならLINEアンインストールすりゃ良い」だとか
「じゃあ返信しなけりゃ良い」

とか、単純なアドバイスをしようとする方もいるかとは思いますが


LINEアンインストールすると
それはそれでスゴく不便だし

返信しないなんて作戦に出ると
どうしても角がたっちゃうから

僕にはどちらもすることはできません。



だから俺は嫌だ嫌だと言いながらも
ちゃんと返信をしようと試みて要るのです。



でもやっぱり人間って弱いもので
嫌なものは後回しにしちゃうんですよね。

ちゃんと返信しようって意思はあるのに。



にも関わらず!
返信しようという意思があるにも関わらず

返信を二日くらいしないと
返信を催促するようなラインがくることあるじゃないですか。



あれどういうつもりなんですか?

こっちは、まずラインが来る
という第一段階には耐えて

かつ返信しようという意思を持つという
第二段階もクリアしてるんですよ。



それなのに何故
早くしろと返信を催促されなければならないのでしょうか?






こんなことばかりで
最近はもう

俺にLINEを送る、
という行為は

俺に対する嫌がらせ

だと認識するようになってまいりました。




だってTwitter等でも散々

俺はLINEが嫌いだ!

とツイートしているにも関わらず
僕にラインが届くんですよ。


もうそれは
嫌がらせだとしか思えません。




だがしかし。

俺だって男な訳です。
相手に好き放題やられておいて
反撃一つしないような野暮な真似はしたくありません。

やられっぱなしでなんか絶対に終わらせない!
お前らに仕返ししてやる!
さぁ復讐の時間だ!!



目には目を、歯には歯を。

そしてLINEにはLINEをだバカヤロー!!








と、最近は
嫌がらせに対する復讐という感覚で
LINEに返信しております。







この「返信=復讐」という感覚を持つだけで

ちゃんとLINEの返事を出来るようになるだけではなく

返事をする際に掛かるストレスが格段に減りますので



LINE等のコミュニケーションが大嫌いな
社会府適合者の皆さんには

是非この
高橋ヨシオ流LINE返信術を一度お試しください。

なおこれを実践することにより
復讐感が文章に滲み出てしまい
結果的に人間関係にヒビが入った等の苦情に起きましては

当方は一切の責任を負わないものとしますのでご了承ください。














今日の一曲


春色の道/フラワーカンパニーズ






こんな楽しい春休みも
もうそろそろ終わりなんて信じたくありません。