読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と憂鬱

度重なる身バレによる三度目のブログ

今年初めての曲は永久西の空を 恥ずかしいくらいに真っ黄色に染めた

新年、明けましておめでとうございます。高橋ヨシオです。


ということでお正月でございますが
お正月には「初夢」「初笑い」など
「初」を意識する機会が沢山ありますね。


自分は、初夢は見ることは出来なくて


初笑いは小島よしおでした。



初笑いが小島よしおって、
割とこの上なく恥ずかしいですね。



録画してた「おもしろ壮直前スペシャル」的なのを見てたら

小島よしおが
好きな食べ物 くーるまー


って、やってて
何故かは分からないんですが、

僕は笑ってしまっていました。



大切な初笑いを
こんなにもしょうもないギャグに捧げてしまったことを
激しく後悔しておりますが、

笑い、夢等
自分の意思ではどうにもならないモノはしょうがない、

その代わり
自分の意思で決められる初○○は大切にしよう、

そう考えました。







それ故、初音楽はめちゃくちゃ悩みました。


何も意識しなければ
大晦日に借りたレキシのアルバムから
きらきら武士かなんかを聞いちゃうところだったのですが

再生ボタンを押す直前に

「これが初音楽だぞ!」と思い出して、
しっかり初音楽を慎重に選びました。




でも、この「初音楽を選ぶ」って作業
ぶっちゃけちょっと面倒臭いんですよね笑

何を正月に聞くのが縁起良いとか、
そんな情報一切持ってないし、

もう「初音楽」とか意識しなければ聞きたい曲はあるから
早くそれ聞きたい気持ちもあるし笑



恐らくそんな感じで
初音楽を決めるのに時間がかかってしまって
面倒くさいと感じるあなたのために、

今年僕がいかにして初音楽を決めたかを発表します。

良かったら来年の正月にでも参考にしてください。






ということで、僕が初音楽を決めた方法。

まずは「アーティストから絞る」こと。






やっぱり大切な初音楽です。
「今聞きたい音楽」や
「自分の中で最近ブームになってる音楽」
に、

簡単に初めてを捧げて良いのか。

僕は答えは否だと考えます。


初めて、というものは
年に一回しかない、貴重で大切なモノなのです。

そんな大切なモノを、
ノリや勢いで、適当な人に捧げて良い訳がない。

ちゃんと
本当に好きな人の歌、大切な人の歌に捧げる。


そうあってしかるべきものだと僕は考えます。





その考えに乗っとり、
僕はアーティストを

ヒロト&マーシー、峯田、ホルモン、ももクロ

に絞りました。



散々偉そうに語ってきたけど
結局1バンドに絞れないあたり

自分はビッチ気質があるんじゃないかと
とても不安になってしまいますが
そこには触れずにいきましょう。

そこは選ばれた人しか触れてはイケない
秘密の花園だぞ。









さぁここから、どうやって
さらに絞り込んで行こうか。

正直第一段階は割とちゃちゃっとアーティストを絞ることが出来ると思うんですが

ここからの決め方が一番難しいんです。

だって、ここに上がってるアーティストは
皆魅力的なんだもん。
出来ることなら
皆に僕の初めてを捧げたいくらいなんだもん。



この四組の中でも
やっぱりヒロト達は特別だから
ヒロト達の曲にしようかな。


いや、でもももクロだって
去年紅白に出れなかったんだから
紅白に選ばれなかった変わりに
俺が初曲に選んでやるか。



いや、そんなことよりも
ナヲ姉の妊活応援する意味でも
ホルモンにしようか。




いや、応援といえば
一人になっても頑張ってる峯田を応援するべきか。







色んな考え方が頭に浮かんできますが

悩みに悩んだ結果、
僕は銀杏BOYZの「ぽあだむ」を
今年の一曲目に選びました。


理由は単純に
この曲発表されたのが正月だったし
雰囲気も楽しい感じで縁起良さそうだから。

様は「何となくの感覚」です。






長々と語ってきて、
こんな身も蓋もない結論は一体なんだ、
時間を返せ!


といった文句も聞こえてきそうですが
よく考えてください。




今回のように、
大好きなアーティストだけに絞ってみた際に

何か理屈を捏ねてみたところで
果たして何を選ぶのが正解か

なんてことが分かるのでしょうか?



僕は分からないと思います。
だって、それだけ好きなアーティストなのだから
好きな曲だってたくさんあるはずです。


では、何故その曲を好きになったのですか?


○○が××で、△が△故に…


なんて理屈があって好きになったのですか?


いいえ、きっとそうではないはず。
きっと
「優しいから」とか「カッコいいから」
みたいな、

具体的なことは何も言えない
具体的な言葉では言い表し切れないような
「何となくの感覚」で好きになったのではないでしょうか?




もしそうならば。
その感覚を最後まで信じることが
きっと僕達を導いてくれるのではないか、

と僕は思うわけです。











(「何となくの感覚」なんて、
結論と言うにはあまりにお粗末な纏め方したけど
上手い言い訳できた!よっしゃ!!)







と言うわけで、
初音楽の決め方は

アーティストを絞って
あとは何となくの感覚で決める!



が僕の今年のやり方でした。
来年良かったら皆さんも参考にしてください。


そして長々と書いたにも関わらず
適当なことしか書いていない僕を許してやってください。













今日の一曲
ぽあだむ/銀杏BOYZ


銀杏BOYZ - ぽあだむ (MV) - YouTube




こんな感じですが
今年もよろしくお願いします。