読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と憂鬱

度重なる身バレによる三度目のブログ

関西旅行日記 三日目

お疲れ様です、高橋ヨシオです。


さて、関西旅行の日記3日目です。


三日目は京都を巡りました。



前日の夜泊めてくれた友達と
朝10時に駅に行き、

京都に住んでる別の友達と合流して
この日は三人で京都を巡りました。



事前に彼等に
「嵐山と三十三間堂清水寺に行きたい!」

ということを伝えておいたので
彼等がコースを決めておいてくれたおかげで
スムーズに京都を観光させてもらいました笑







まず行ったのは嵐山。


とりあえず駅にある無数の巨大なサイリユウを見て
モノノフとして大ハシャギして
駅周りのお店とかの雰囲気を楽しんで

有名な竹林へ




f:id:mochanrock:20151108040311j:plain





ちなみにこの写真の中に自分が写ってますので
どれが俺だか当ててみてね(急に飛び出すゲーム要素)



もう、ここを歩いている段階で
僕はこの旅で一番大きな発見をしました。



それは

結局旅行は友達と行くのが楽しい


ということです笑




前の記事でも、その前の記事でも書きましたが

今回の旅行は
「一人でも楽しめるように、一人での人生の楽しみ方の模作」
的な要素がとても強くあったのですが



その旅行でこんなことに気付くなんて
本当に皮肉極まりないです。



でもやっぱり
嫌いじゃない人といるのは楽しいわけです。


今回みたいに具体的に「何何をする」とか
そういった目標がない旅行は
特に友達と行くべきだなぁと思いました。



きっと一人でこの竹林見ても
「あぁキレイだな」で終わってたと思いますが

本当に竹林楽しかったんですよ。

特に何をする訳でもなく
ベラベラ喋りながら竹見て歩く作業が。


いや、自分でも本当に臭いことを言ってて痛々しいという自覚はあるんですが
これはマジで一人旅をする人にどうしても伝えておきたい。


なんだかんだで人と観光するのはすげー楽しいものですよ。





友達から「せっかく来たんだからしゃべってばっかじゃなくて
少しは竹も見たらどうだ」


なんて指摘されるくらいずっとベラベラ喋ってました。


うるせぇ、ちゃんと竹見てるわ!
あと俺は竹を見ることと同じくらい
「人と楽しく会話をする」というのは特別なイベントなんじゃ!笑






そんなこんなで
竹林を抜けて駅の近くまで戻り、
渡月橋を渡って、川辺にすわって一旦休憩。




僕達みんなもう21才、
ちょっと歩けばつかれてしまうのです。



渡月橋の所の川辺でゆっくりするのも
これまた風流なものなんですね。

川の雰囲気も良いし、渡月橋眺めるのも
向こう岸眺めるのも良いし
本当に現実逃避出来ました。




そんでそろそろお腹もすいてきた、
ということで四条の方まで行ってお昼ご飯。



四条烏丸というバス停で降りて
友達おすすめの「すがり」ってラーメン屋さんで昼食。


日曜の昼時ということもあり、めちゃくちゃ人が並んでましたが
その間も友達と一緒なら退屈しないで
ぺちゃくちゃおしゃべり出来るから良いですね。


んで、一時間くらい並んで
やっとありつけたお昼ご飯が





f:id:mochanrock:20151108041946j:plain






こちら。

「もっつけ麺」ってヤツで
モツ煮のつけ麺でございます。



関西に来て二度目の麺類。
しかも前回の店は、和歌山ラーメンの最高峰と言われる井出商店。

そこの味に果たしてこのラーメンは敵うのか。






結論言ってしまうと
良い勝負してきました。

味覚があまり良くない僕には
どちらが勝ちとか勝敗つけれなかったです。


こちらのラーメンは魚介系のスープだったんですが
それにしても本当に美味しい!


普段あまり魚介系のラーメンとか食べないんですが
今まで食べた魚介系のラーメンの中で
一番上手いんじゃないかってくらいです!


まぁ母体数が圧倒的に少ないんだけど。



でもこれは一時間並ぶ価値ありますわ。
モツ煮も本当に美味しかったし。




京都で有名な料理って
パッと浮かんでくるのは八ツ橋だけで
飯は何を食べれば良いのか分からない!


って人、
要は僕みたいな情報弱者には
是非ここのお店をおすすめしたいです。
いや、本当に美味しかった。








さて、予定ではこのあと
三十三間堂に行ってから清水寺に行くつもりだったのですが


早くしないと清水寺のお土産屋さんが閉まってしまう、


ということで、

三十三間堂を取り止めて
清水寺へ。




「高橋ヨシオは清水寺に行きたいと言っていたが
恐らく彼が言っている清水寺
清水寺の入り口あたりの通りのことで
彼が楽しみにしてるのもその辺だ」


と、友達が判断した結果の決断です。




いや、なんかそんな風に思われてたなんて
ちょっと癪ですよね。



まるで僕が清水寺が何だか分かってないと言われてるような気もするし、
寺よりもその付近を楽しみにしてるなんて
あまりにも僕のことを「風流の無いガキ」みたいに見過ぎじゃないか。



流石に舐めないで欲しいです。
僕だって中学校の修学旅行で清水寺に行って
清水寺が楽しかったから
清水寺に行きたいと言っているわけで

流石に寺を楽しむ風流さくらい持ってるわ!





って思ってたんですが

どうやら彼等の予想は的中していたようで


僕が修学旅行で楽しんでいて、
今回も楽しみにしていたのは

清水寺ではなく、
清水寺の入り口であったことが発覚。



あの八ツ橋とか売ってるところって
清水寺じゃくて
まだ清水寺に入る前の場所なんだね。

舐めるなとか思ってごめんなさい
僕は舐められるべき存在でした。








でも今回は清水寺の中も楽しませていただきました!


京都に行くまでは
清水寺の入り口は楽しい!」だったのですが
ちゃんと
清水寺は楽しい!」まで(21才にして)成長した訳です!




いやでも清水寺
趣があるのももちろんですが、
本当に楽しいお寺です。


僕みたいに風流さのカケラも無い人間でも
縁結びの岩とか色々楽しめるし

改めて、
京都に行ったらぜひ清水寺に行ってみて欲しいです。




ちなみに僕は今回
縁結びの岩を目をつぶってタッチするやつに成功して
なおかつおみくじで大吉を引き当てましたので

しばらくは神様を信じることにしました。





普段
「俺はアンチキリストのアナーキストだ!」
とか恥ずかしげもなく言っているけど

僕は
アンチキリストなだけで、
アンチ神様の訳ではないので!!



ですので神様!!
どうか!!
どうかよろしくお願いします!!









さて、そんなこんなで
清水寺(と、入り口付近)を楽しんだところで
もう日が暮れてきて。




そろそろ晩ごはんに向かおうということになり
歩いて飯屋街みたいな所に向かいます。



飯を食べたのが何て地域だったのかは分からないんですが

そこまでの道程は
一見様お断りの料亭とか、いかにも京都っぽい風景を楽しみながら行けたので
とても良い感じでした。



f:id:mochanrock:20151108223938j:plain



舞子さんとかもいらっしゃったし、
移動中も京都を堪能できる道を選んでくれた
友達の有能加減と
京都に詳しくなってることに驚きました。





将来有名人になって
一見様お断りの高級料亭に知り合いの紹介で行って、
松屋の方が旨い」って言って札束おいて
「釣りは要らない」宣言して帰りたい



なんて中学生みたいな話をしながら歩いていると、
あっという間に晩ごはん屋さんに到着。




晩ごはんは
これまた友達のおすすめのお好み焼き屋さん!


お店の名前は覚えてないのですが
美味しゅうございました。


お昼のラーメン屋さんは、
あんまり大声でハシャギながら食べるようなお店ではなかったので
さほど喋らず食べたのですが


こちらのお好み焼き屋さんは大きな声でしゃべってもOKな雰囲気だったので

三人で色んなことしゃべりながら食べたんですが


久しぶりに誰かとおしゃべりしながら食べる飯は
本当に美味しいものですね。



ここ最近飯はずっと独りで食べてたので
(一人旅の期間だけじゃなくて日常的に独りで飯食ってました)
久しぶりの友達と食べる飯の旨さに感動でした。






前回の記事では
食を目的とした旅行をするなら
一人だとあんまり色んなものを食べれないから
一人よりも人と一緒の方が良い

といった話をしましたが


やっぱり人と食べるご飯は美味しいという意味でも

食を目的とした旅行は友達と行くことをおすすめしたいです。







まぁ僕は一人で行くしか選択肢がないから
どうせまた一人で行くのでしょうけども。



あれなんですね、なんていうか
大阪のお好み焼きももちろん美味しかったんですが
大阪のお好み焼きよりも、京都のお好み焼きの方が

おしとやかな味なんですね。

なんか大阪のイメージと京都のイメージが

お好み焼きの味にまで顕著に出てる気がして面白かったです。








しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、
飯屋を出たらもう
宿を提供してくれる方じゃない友達との
お別れの時間です。




来年には一人の友達は就活、
もう一人の友達は留学なので
今年が彼等と京都で遊ぶラストチャンスだったこともここで発覚して

三人とも少し切ないような気分になりながらも

「まぁ俺等みんな年取って時間に余裕が出来たらまた京都で!笑」

なんて、
社交辞令のようなことを言ってお別れ。

社交辞令なのかどうなのかは分からないけど
僕は割と本気で言ってたりしちゃう感じが

とても可愛いと思いませんか?笑




そんな感じでお別れをしたあと
僕ともう一人の友達は一緒に銭湯へ。


そうなんです、僕図々しくも
そいつんちにもう一泊させてもらうので笑




銭湯で調子乗って長湯して
お互い少しのぼせた状態で
その友達の家に到着して、3日目が終了。










三日目に学んだことは


八ツ橋とかのお店があるのは清水寺の中ではなく入り口であること、

記事では書いてないけど、
三十三間堂にある仏像?の数は三十三個じゃないこと、


嫌いじゃない人といるのは楽しいこと、
並びに
嫌いじゃない人がいること




ですかね。



もう、最後と一つを学べただけでも
関西方面行った甲斐があります笑










今日の(京都の)一曲
JAPANESE GIRL/BEAT CRUSADERS


Beat Crusaders - Japanese Girl - YouTube